JavaScript オン対応ブラウザで表示してください。

当会の概要

社会福祉士とは

 「社会福祉士」は、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」によって福祉分野では初めて制定された国家資格であり、平成元年が最初で毎年1回国家試験が行われています。
合格して厚生労働省の名簿に登録してはじめて「社会福祉士」を名乗ることができる資格です。
法律的な表現を使うと「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むことに支障がある人々の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う」専門職です。 (⇒ 社会福祉士資格取得について)

ページトップへ 

社会福祉士会とは

 社会福祉士会は、「社会福祉士」有資格者が入会することができる職能団体です。
全国47都道府県に社会福祉士会があり、現在全国で約20,000人が所属しています。
その全国組織としては、厚生労働省を主務官庁として(社)日本社会福祉士会(以下 本部)があり、各都道府県社会福祉士会はその「支部」としても位置づけられています。
 私たちは、社会福祉士の英知と力を結集し、自己研鑽を積み、医療・保健・教育・司法等の関連機関領域の専門職の人たちと力を合わせ、新しい社会福祉サービスを担っていくために活動しています。
また、「ソーシャルワーカーの倫理綱領」を行動規範とし、社会福祉の援助を必要とする人々の生活と権利を護り、地域福祉の増進に寄与することを目的に活動しています。
佐賀県社会福祉士会は、平成17年3月31日付けで、佐賀県から公益社団法人格を取得しました。
「公益法人」としての社会的な認知を得、今後さらにその社会的責任と信用に的確に応えてまいります。
そのためには社会福祉士の一人ひとりの英知と力の結集がさらに必要です。
とりもなおさず、社会福祉士会は「社会福祉士」を代表する責任ある職能団体です。

ページトップへ